新米Web屋の雑記帳(只今デザイン調整中につき、お見苦しくて申し訳ありません)

スポンサー広告

--/--/-- --:--
Comments:-   Trackbacks:-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Private

2017/11/29 00:05
Comments:0   Trackbacks:0
職業がIT系だとそれだけで“何でもPCやスマホで管理してそう”というイメージを持たれ易いみたいです。
実際そういうタイプの人も居るのですが、私はどこへ行くにも紙とペンは携帯していますし、スケジュール管理は紙じゃないと出来ません。

“勉強はそれ程すきじゃないけれど、ノートを取るのが大好き!”というタイプの子供だったので、大人になってから紙の手帳に興味を示すのは当然の成り行きかも知れません。

ジブン手帳2018

来年はジブン手帳bizを使う予定です。
紙面のデザインや紙質などがビジネス仕様の商品なのですが、私はプライベートで使用します。
可愛いカバーを別途購入しようかとも思ったのですが、派手すぎない赤のカバーがどストライクなのでこのカバーをそのまま使おうと思います。

ジブン手帳2018

最初の方に詳しい記入例が付いています。
ジブン手帳ユーザーに限らずバーチカルの手帳をを使っている方なら参考になりそうなアイデアが満載です。
ジブン手帳を購入するかどうかは別として、店頭のサンプルでこのページ立ち読みしてみることをお勧めしたいです。
架空の人物とはいえ、記入例の方の多忙さと睡眠時間の少なさも注目に値します。

ジブン手帳2018

年間ページはこんな感じです。
使い道が沢山あるはずのページなのですが、毎年使い道が決まる前にその年が終わってしまいます。
こういうページまでみっちり埋まった手帳に憧れます。

ジブン手帳2018

今年の目標を書くページもあります。
“1月に立てた目標が何も達成できずにその年が終わってしまう”という話を耳にすることがありますが、私の場合はこの手のページが埋まる前に1年が終わります。

ジブン手帳2018

白地図のページです。
ビジネスで使う人なら出張で行った都道府県、プライベートで使う人なら旅行で訪れた都道府県を塗りつぶしてみると楽しそうです。

ジブン手帳2018

お気に入りの言葉を書くページというオリジナリティ溢れるページもあります。
他にも似たようなフォーマットで「本リスト」「映画リスト」等、リスト系のページが充実しているのもジブン手帳の特徴だと思います。

ジブン手帳2018

最近はジブン手帳に限らずガントチャートが付いている手帳が増えてきていると思います。
このページも使い道が多すぎてどう使うか悩まされます。

ジブン手帳2018

マンスリーページはスタンダードなデザインです。
私が手帳のマンスリーページに求める最低条件は、
  • 月曜始まりであること
  • 6週分のスペースが取られていて、1日が日曜日の月も23日と30日でそれぞれ1日分のスペースが確保されていること
なのですが、ジブン手帳のマンスリーは余裕でクリアしています。
マンスリーページは午前・午後・夜と予定の時間帯によって書くスペースを分けて使っているので、方眼はありがたいです。

ジブン手帳2018

ジブン手帳ユーザーの殆どが目当てにしているとのは、このウィークリーページだと思います。
深夜や早朝に予定が入る人に取っては24時間のバーチカルは重宝するらしいのですが、私はそこまで特殊な職業ではないので深夜や早朝のスペースはメモや体調管理に使っています。
バーチカルの難点はメモ欄が少ないことなのですが、時間軸の下に少しだけスペースがあるので、簡単なタスク管理や短めの日記を書くぐらいなら十分です。

ジブン手帳2018

IDEAという挟んで使える別冊のノートがあるせいか、フリーページは少なめです。

ジブン手帳2018

最後の方にこんなページも。
こういうページもちゃんと書けば、数年後に手帳を見返した時にその年がどんな年だったかがざっくりと掴めそうです。

お勧めサイト


 1年で終わらない。一生つかう「ジブン手帳2018」 | コクヨ 
ジブン手帳のオフィシャルサイトです。

 ハッシュタグ #ジブン手帳 
 #ジブン手帳 • Instagram写真と動画 
 ジブン手帳同好会 - Google+ 
SNSで他の人がどんな使い方をしているか見ているだけでも楽しいです。

お勧めアイテム





Share This Entry

この記事が気に入ったら
「いいね!」をお願いします。

Comments

Post Comment コメントの投稿

 

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。